MENU

メイホウ VS-7055と同サイズのランガンシステムBOX【ダイワ タックルボックス TB3000】

ダイワ タックルボックス TB3000
目次
アフリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

ダイワ タックルボックス TB3000

製品情報 ダイワ タックルボックス TB4000/TB3000

TB3000には以下の特徴があります。
 スベリ止めシール付き
 上蓋がトレースタンド
 仕切板4枚付き(インナートレイ)
 仕切板1枚付き(メインルーム)
 多目的ホルダーを装備
 外寸 31.3 × 23.3 × 22.2cm
 自重 1.4kg
 カラー ブラック/レッド ブラック/グリーン
 メーカー希望本体価格 5,100(税抜)

本体

メイホウ VS-7055と同サイズのランガン システムBOXです。

TB3000/本体
外観


クールライン S800Xとほぼ同じサイズ

TB3000/S800X

スベリ止めシール付き

TB3000/滑り止めシール

上蓋がトレースタンド

上蓋を開けグリップをスタンド代わりにすれば物置にできます。

TB3000/上蓋トレースタンド

多目的ホルダーを装備

TB3000/多目的ホルダー


両サイドにある多目的ホルダーにはロッドスタンド TB 25/30が装着可能です。
VS-7055と同タイプなのでメイホウのオプションパーツの装着も可能です。

収納例

インナートレイ(上部)

TB3000/インナートレイ(上部)
インナートレイ(上部)
TB3000/仕切り板4枚(インナートレイ)
仕切り板4枚

メインルーム(下部)

ダイワ マルチケース205シリーズが4個収納できるスペースがあります。
メイホウであればVS-3010シリーズ(205×145×40mm)のケースが4個です。

TB3000/メインルーム(下部)
メインルーム下部
TB3000/仕切り板(メインルーム)
仕切り板

メインルームは仕切り板の差し込む溝の出っ張りが邪魔をしてしまう場合があるのでケースを入れる向きを考えないと安定しません。溝に対してケースの面があたるようにすれば安定します。写真の場合では一の字になるように収納します。1の字のように入れると溝が邪魔になります。例えばメイホウ 1010シリーズ(175サイズ)を入れる場合に影響します。

多目的ホルダー

2種類のロッドスタンドを装着してみました。
装着したロッドスタンドはメイホウのBM-250 LightとBM-300 Lightです。

ロッドスタンド BM-250 Light

 ネジ不要
 サイズ 50×54×283m
 台座幅 100mm
 スタンド穴径35mm
 高さ3段階調整可

取り付け/取り外し方法の動画

取り付けは開封後、3つのパーツ(ロッドスタンド本体、ロッドスタンドカバー、アタッチメント)の状態から始めます。
 ネジ不要、工具不要です。
 アタッチメントは不要ですので、BM-300 Lightのようにアタッチメントを取り外す操作は必要ありません。
 高さ調整はロッドスタンドカバーの取り付け位置で調整します。

BM-250 Lightは、BM-300 Lightと同じくネジ不要で取り付けできますが、細かい点でことなり、クリップで挟むだけで非常に簡単です。台座は横からスライドしてハメ込み、3か所のうちからお好みの場所で固定します。
ロッドの本数はそれほど多くは所有しない予定なので、現在の3本がおそらくMAXです。
専用ロッドスタンドを購入しようかと思いましたが、8本用以上が多く無駄に大きく場所をとるだけです。そこで、同じような価格で買える点とTB3000を持って行くときに使用できる点をメリットと考えロッドスタンド BM-250 Lightにしました。部屋でのロッド収納も兼ねています。上の写真では、20 月下美人 AJING 55UL-Sを収納しています(写真の左側)。このロッドにはBM-250 Lightがジャストサイズでした。

ロッドスタンドBM-300 Light

 ネジ不要
 サイズ 65×71×333mm
 台座幅 100mm
 スタンド穴径45mm
 高さ3段階調整可
ロッドだけでなくランディングシャフトやギャフも収納できるサイズです。

取り付け/取り外し方法の動画

取り付けは開封後、4つのパーツ(ロッドスタンド本体、ロッドスタンドカバー、台座、アタッチメント)に分解した状態から始めます。
 ネジ不要、工具不要です。
 ロッドスタンドカバーを装着した状態では作業ができません。
 アタッチメントを取り外す際はまず、ロックをスライドして解除してください。
 フットレスト(台座)の取り付けは、カチッと音がするまでハメ込みます。少し硬いのでしっかり丁寧に装着してください。
一回取り付けると硬くて外し難いので3か所のどの位置にするのか事前に決めておいてから作業してください。
 高さ調整はロッドスタンドカバーの取り付け位置で調整します。

ダイワ タックルボックス TB3000
上の写真では、テイルウォーク キャッチバー改 マイクロ 540を収納してみました(写真の右側)。

キャッチバー本体はちょうど収まりますが、ショルダーベルトの取り付け部の厚み分が邪魔になります。ショルダーベルトを少し上にスライドさせれば入ります。ロッドスタンド先端のプロテクトキャップのところでショルダーベルトの取り付け部がちょうど収まり全くぐらつきなしで安定します。テイルウォーク キャッチバーはギャフにも付け替え可能ですので、このキャッチバーが入れば満足です。

BM-250 Light/BM-300 Light比較

スタンド長さの比較

どちらのスタンドも三段階の長さ調整が可能です。
以下、それぞれスタンドの長さを(短)、(中)、(長)で表します。

使用したロッドは次の2本です。
 月下美人 AJING 55UL-S(グリップエンドが短い)
 月下美人 メバル 76L-T(グリップエンドが長い)
見分け方は、AJINGロッドには月下美人 MXのリールで、メバルロッドにはレガリスLTのリールを装着しています。

スタンドの長さはどちらも一番短い状態です。

(左)BM-250 Light(短)(右)BM-300 Light(短)
ダイワ タックルボックス TB3000

BM-300 Light(短)に月下美人 メバル 76L-Tは少しぐらつきます。

(左)BM-250 Light(短)月下美人 AJING 55UL-S+月下美人 MX LT1000S-P
(右)BM-300 Light(短)月下美人 メバル 76L-T+レガリス LT2000S-XH
ダイワ タックルボックス TB3000

BM-250 Light(短)に月下美人 メバル 76L-Tを入れ替えると、エンドグリップが長いため1段階スタンドを長くしないと立てられません。

BM-250 Light(中)BM-300 Light(短)より少し長くなります。
ダイワ タックルボックス TB3000

月下美人 メバル 76L-Tは丁度良くなりますが、月下美人 AJING 55UL-Sはグラグラです。

(左)BM-250 Light(中)月下美人 メバル 76L-T+レガリス LT2000S-XH
(右)BM-300 Light(短)月下美人 AJING 55UL-S+月下美人 MX LT1000S-P
ダイワ タックルボックス TB3000

どちらも最大の長さにしてみました。

(左)BM-250 Light(長)(右)BM-300 Light(長)
ダイワ タックルボックス TB3000
ダイワ タックルボックス TB3000

スタンド穴径の比較

10mmの差は大きいです。
(左)BM-250 Lightスタンド穴径35mm
(右)BM-300 Lightスタンド穴径45mm
ダイワ タックルボックス TB3000
ライトゲーム用ロッドにはBM-250 Lightがジャストフィットです。
ダイワ タックルボックス TB3000
ランディングポールを立てるのであればBM-300 Lightでないと立てられません。
TB3000/BM350 Light/BM-250 Light
タックルBOX TB3000とのバランスを考えるとBM-250 Lightが丁度良いです。
TB3000
TB3000/BM350 Light/BM-250 Light

タックルBOX TB3000くらいの大きさならBM-250 Lightがおすすめです。
アジングロッドの様にリアグリップが短いロッドに丁度良いサイズです。
ライトゲーム用ロッドならスタンドの長さを変えるだけで対応できます。
ランディングポールのような35mm径以上のものを立てるならBM-300 Lightです。
エギングやジギングロッドのようにリアグリップが長いロッドはBM-300 Lightの方が安定すると思います。

TB3000/BM300 Light/BM-250 Light

今回、タックルボックス TB3000にそれぞれスタンド穴径が異なるロッドスタンド BM-300 Light(45mm)とBM-250 Light(35mm)の2種類を購入してみました。ロッドスタンドは同じ側に並べて装着しましたが台座幅はどちらも100mmのため、ちょうどあわせて幅は20cmになり本体からはみ出しません。また、お互い干渉することなく取り付けできました。

このロッドスタンドのおかげでロッドとキャッチバーの両方を収納できました。さらには、タックルボックス TB3000を実釣でも使いたくなり、持って釣りに行く日が楽しみです。持ち運び時にはBM-300 Light側に傾きます。これはロッドに比べキャッチバーが重いのも理由です。TB3000/TB4000は傾き防止機構がありませんので、明邦化学工業のVS-70XXNがハンドルストッパー機能搭載です。VS-7080Nならサイズは大きくなりますが座れてハンドルストッパー機能搭載になります。

BM-250 Light

クリアブラックxブラック
¥1,764 (2023/05/04 13:11時点 | Amazon調べ)

BM-300 Light(クリアブラックxブラック)

TB25(ブラック)

¥2,270 (2023/05/04 13:12時点 | Amazon調べ)

TB30(ブラック)

TB30 ブラック
¥2,572 (2023/05/04 13:12時点 | Amazon調べ)

TB3000の感想

 堅牢性と携行性が優秀
 多目的ホルダーによる拡張性の良さ
 すっきり収納
 汎用サイズで利便性良好

自転車釣行には不向き

TB3000 ブラック/レッド

TB3000 ブラック/レッド
¥3,849 (2023/06/30 13:52時点 | Amazon調べ)

TB3000 ブラック/グリーン

TB3000 ブラック/グリーン
¥4,361 (2023/05/04 13:12時点 | Amazon調べ)

VS-7055(ブラック)

VS-7055N(グリーンツートン)

VS-7080N(ハンドルストッパー機構/座れる)
サイズは少し大きくなります。
トレイスタンド機能はありませんが、インナートレイをそのまま多目的ホルダーに装着可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪府門真市に生まれ、高校卒業まで京都府福知山市で育ち、大学は工学部電子工学科を卒業。半導体設計会社に勤務ののちインフラエンジニアとして監視基盤の運用設計業務に就く。現在は都内の施設に勤務。横浜在住。人の役に立てることができればいいなと日々思っています。

プライバシーポリシー
免責事項
お問い合わせ

目次